ダリオ・アルジェント祭り。第2弾。

「クロックタワー」というゲームの元ネタということで、ご存じの方も多いかもですね。

特筆すべきは、主人公ジェニファー・コネリーの美少女っぷり。

まぁ~、お人形さんのように何から何まですべてのパーツが整っていて美しいこと。

でもわりと気の強い少女役です。


スイスの寄宿学校にやってきたジェニファーですが、彼女には虫と交信できる特別な能力がありました。

おまけに夢遊病だったので、イジメの対象になってしまいます。


お前ら、ジェニファーちゃんがキレイだから嫉妬してんだろー!と思う。


寮の周辺では殺人事件が起こっており、ルームメイトも行方不明に。

近所に住む車イスの昆虫学者と仲良くなり、ハエの力を借りて遺体を探し出そうとします。

この昆虫学者のお世話をしているチンパンジーが可愛いのだな~♪

もちろんとってもお利口さん。

しかし、唯一の理解者だった昆虫学者も殺されてしまいます。

ジェニファーはアメリカに帰ることにし、翌日帰国するというその前の晩……

図らずも犯人の家にお泊りすることになったのでした。

ジェニファーちゃんの運命やいかに。



てことで、クロックタワーをプレイしたことのある方ならば、犯人は検討がつくかと思います。

この作品のBGMが結構有名で、私も好きな曲です。

オペラとロックとゴシックが融合した感じの、キレイだけど緊迫した曲。


ジェニファーちゃんがウジ虫のプールに落ちてもがくシーンも有名で、あんな美少女をウジまみれにするとは、監督はなんてドSなんだ!と誰もが思うようです。

最後はチンパンジーちゃんが美味しいところを持っていってくれました。

前に書いた「シャドー」よりもエグいシーンが多いですが、内容的にはこちらの方がよりホラー寄りになってて面白いです。






「サスペリア」 「サスペリア2」

『シャドー』 

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。