「オデッセイ」

火星に一人置いてけぼりにされちゃったヨー!な、究極サバイバル。

いやはや、大変ですよ、アータ。
火星にボッチって、私なら半日もたずに死亡します。
メンタルをまずやられる。

しかしマークは宇宙飛行士であり、植物学者でもあり、メンタルも頭脳も素晴らしいモノを持っています。
マークでなければ生存は不可能だったのではないでしょうか。

食料の問題、水の問題、酸素の問題、そういったものを持てる知識を総動員して生き延びる。

その後、あーだこーだあって、火星でマークが生存してることをNASAも知るところとなり、通信もできるようになる。
そしてマーク救出作戦スタート。


私の素直な感想は、思ったより普通。でした。
テンポが速く、淡々と描かれている印象。

火星にボッチにされたと知ったマークがもっと孤独にあえいだり、苦悩したり、生き延びるために身も細るような苦労をしながら、地球帰還をめざすのかと思ってました。

が、マークは冷静で取り乱したりしない。泣いたりもしない。
あ~あ、まいったな~。みたいな。
なので、あまり火星に取り残された感じがしないのです。

良かったのは、よくありがちな「愛する家族のために!」ってやつが一切なかったこと。
マークの家族とかまったく出てこないし。
その点は満足。


「マッドマックス 怒りのデスロード」


圧巻のド迫力なカーチェイス。
これはやはり映画館で観るのが正しいですね。


私は第1作目しかみたことないのですが、前作とつながってるのかな?

時々出て来る「助けてくれるって言ったのに」みたいなことを言う少女のフラッシュバックとか、なんだろ?って思って。

これは主役はマックスじゃなくて、女達だと思いました。
女達が生き延びるための戦いなんだな~と。

みんな8頭身の美女揃いですが、生きるために必死に戦うようになる姿が単なる美女から、さらなる美女に見えてきました。
特にやはりフュリオサは輝いている。

ほぼ全編カーチェイスなのに、飽きずに観ていられるのが凄いです。
特にフロント部分でギターかき鳴らしてる彼にはシビレました。

てか、ウォー・ボーイズがどう見ても私には山海塾にしか見えず……。

あ、山海塾、知りませんか?
白塗りした舞踏グループですよ。

よく見るとニュークス(だっけ?)はなかなかのイケメン君なのだね。
マックスは時々、角度によって魔裟斗に見えた……って、どうでもいい感想すみません。

最後の方で、それまで名乗らなかったマックスが瀕死のフュリオサに名乗る。
そしてすべてが終わったあとに静かに立ち去るマックスと、それを黙って見送るフュリオサ。
そんな二人の関係がなんだか良かったです。





「火村英生の推理」 感想 (ちょっと辛口よ♪)

「人魚の眠る家」 東野圭吾

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。