内容(「BOOK」データベースより)

ある町で発生した連続通り魔殺人事件。
所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は
目撃証言による“コートの男”を追う。
しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。
“コートの男”とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。
翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、
人は救うことができるのか。

いま世界が注目する人気作家。
デビューから13年、著者が初めて挑む警察小説。
人間存在を揺さぶる驚愕のミステリー!



この作家さんの本は初めて読みました。
前半すごく面白くて、これは当たり♪ と思った。

2人の刑事のやりとりがコミカルで笑えるんです。

しかし。
後半になって「……」となりました。

私はこの手の展開が苦手なのです。

複雑に絡み合った事件を丁寧にほどいていくミステリー要素たっぷりの前半に対し、後半は犯人の手記という形で、事件の全容が綴られています。

これねぇ、人間心理を理解できる人でないと面白くないと思うんです。
私なんかは単純なものが好きですから、こういうの理解できなくて「あぁ、こっち系の犯罪だったのか…」ってちょっと冷めちゃう。

逆に言うと、こういった人間の精神やら切なさやらを描いたものが好きな人なら、おそらく絶賛の出来栄えなのではないでしょうか。

ネタバレしますよ。




一言でいって、犯人イカレポンチなんですよ。
正確に言えばもっと複雑な人間心理なんですけど、ぶっちゃけ精神病んでる人。

こいつに殺された被害者たちも同じ穴の狢でして、従って被害者の心理も加害者の心理も、私にはさっぱり理解できなかったのです。
すみません、ひとえに私がアホなせいです。


犯人が病んでて、犯行の背景にそういったものがあるというのは、ミステリー小説であるなら私の中では反則です。
だって常人には思いもよらない犯罪心理なんて、読者が一緒に推理する余地なんかありゃしないじゃないですか。

だからこれはミステリーじゃなくて、人の切なさとかそういったものを描いた作品なんでしょう。


しっとりした、大人の負の物語が読みたい方にはオススメ。

発疹

マツコの知らないイケメンの世界

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿