「死霊館」シリーズは、「死霊館」と「アナベル」しか観てなのですが、これだけ観てもまったくOKです。

1952年、ルーマニアの修道院で若い尼僧が自殺する事件があり、バチカンから派遣されたバーク神父と、見習い尼僧のアイリーンが調査に訪れる。

この修道院がうっそうとした、でも荘厳な感じの不気味な建物で、ゴシック好きな人にはたまらん雰囲気です。


ここが普通ではないことはすぐにわかるのですが、次々に怪奇現象が起きるので退屈しません。

そしてここには「ヴァラク」という、尼僧の姿をした悪魔がいることがわかる。


ヴァラクと言えば、わたしにはオバマ元大統領しか心当たりがないんですが、あちらではメジャーな悪魔らしいですね。

で、自殺の第一発見者だった村の青年も巻き込んでヴァラクと対決します。


突然デカイ音が鳴ったり、何かが飛び出してきたり、っていう演出がわりと多いのでビビらないようにご注意。

私としては、尼僧が自殺するまでの冒頭シーンが一番怖くて、あとはさほど怖くないかな。

ゴシックでオカルトな雰囲気がすごく好きなので、そこはとても楽しめました。

やっぱり人里離れた呪われた噂のある修道院、て設定イイよね。

日本でいうと、横溝正史の世界観みたいなものがあってさ。


ラスト、ヴァラクにはもうちょい頑張ってほしかったけど、まぁアイリーン可愛いからいいか。

バーク神父が思いのほか、役に立っておらぬ!





東京拘置所 矯正展

ホラーDVDを観まくった。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。