数日前から、いきなり発疹ができた!
手首の内側に、細かいツブツブが……両手とも。

初日は痒かったけど、翌日からはもう痒くなかったのでしばらく放っておいて様子をみるつもりですが……

でもなんか範囲が広がってきてる気がするんだよな~。

内側だけだったのに、ビミョ~に外側にまで進出してきたような……


でも誰も気が付かない程度ではあるので、来週まで様子をみようと思います。

しかし何が原因だろう?
ボーッとテレビ見てるときに突然できたんだよなぁ。

食物アレルギーはないし、いつもと違うもの食べてないし。
暑さのせいで、汗疹の一種?とも思ったけど、両手首の内側だけってのも謎だし。

あぁ……こうしてどんどん悪いところが出て来るお年頃なのね……。
スポンサーサイト


内容(「BOOK」データベースより)

ある町で発生した連続通り魔殺人事件。
所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は
目撃証言による“コートの男”を追う。
しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。
“コートの男”とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。
翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、
人は救うことができるのか。

いま世界が注目する人気作家。
デビューから13年、著者が初めて挑む警察小説。
人間存在を揺さぶる驚愕のミステリー!



この作家さんの本は初めて読みました。
前半すごく面白くて、これは当たり♪ と思った。

2人の刑事のやりとりがコミカルで笑えるんです。

しかし。
後半になって「……」となりました。

私はこの手の展開が苦手なのです。

複雑に絡み合った事件を丁寧にほどいていくミステリー要素たっぷりの前半に対し、後半は犯人の手記という形で、事件の全容が綴られています。

これねぇ、人間心理を理解できる人でないと面白くないと思うんです。
私なんかは単純なものが好きですから、こういうの理解できなくて「あぁ、こっち系の犯罪だったのか…」ってちょっと冷めちゃう。

逆に言うと、こういった人間の精神やら切なさやらを描いたものが好きな人なら、おそらく絶賛の出来栄えなのではないでしょうか。

ネタバレしますよ。




一言でいって、犯人イカレポンチなんですよ。
正確に言えばもっと複雑な人間心理なんですけど、ぶっちゃけ精神病んでる人。

こいつに殺された被害者たちも同じ穴の狢でして、従って被害者の心理も加害者の心理も、私にはさっぱり理解できなかったのです。
すみません、ひとえに私がアホなせいです。


犯人が病んでて、犯行の背景にそういったものがあるというのは、ミステリー小説であるなら私の中では反則です。
だって常人には思いもよらない犯罪心理なんて、読者が一緒に推理する余地なんかありゃしないじゃないですか。

だからこれはミステリーじゃなくて、人の切なさとかそういったものを描いた作品なんでしょう。


しっとりした、大人の負の物語が読みたい方にはオススメ。

今日見た「マツコの知らない世界」は、世界のイケメンを紹介して下さるやつだった。

メガネを磨きなおして見入ったのですが……

う~ん、やっぱりイケメン云々て、好みの問題なんだね。
出てきたイケメン、全部私の好みじゃなかったもん。

あ、15歳の少年だけはイケメンだと思ったが、あとは違うなー。

マツコも気に入らなかったみたいで、まぁ盛り上がらない企画だったように見えたけど、だからと言ってマツコが選んだイケメンも私の好みではない。

もちろん生で見たら、フォーリンラブかもしれないけど。


好みは人それぞれだからこそ、恋愛も結婚も成立するのだなと実感した。



なんか最近、映画の記事しか書かなくなってるが……

GYAO! で観ました。

ある日、飼い犬たちが突然狂暴になって人に襲いかかって来るストーリーで、ヒッチコックの「鳥」みたいな感じですね。
こちらもやはり同様に、特に何の前触れもなく突然狂暴化し、そして何の解決もされないまま終わります。

一応、何か秘密の研究をやってて……という設定はあるのですが、それが原因かどうかは全く不明。

ただ、こういう作品に理由を求めたがる方は多いと思うので、そういう方々にはそれが原因だと思って頂ければいいんじゃないかな。


1976年の作品だそうなので、今の感覚で観ればそりゃーツッコミどころは色々あるに決まってますが、私は面白かったですよ。
犬が襲ってくるだけの単純な話なんですが、結構ハラハラしましてね~。

野犬じゃなくて飼い犬が襲ってくるのがミソでしょうね。
さすがにチワワとかプードルはいなかったけど。


犬が襲ってくるときの遠吠えが、長くあとを引くサイレンみたいな声なのが恐ろしい。

主人公は大学の教授か何かで、犬が狂暴化するということを証明しようと、実験をしますが結局はただ逃げるだけ……。
もうちょっと設定を活かせると良かったですけどね~。


こういうシンプルなサスペンス(?)好きです。



昨日放送の「メガシャーク vs ジャイアント・オクトパス」

タイトルからしてアレなのは重々承知で見ました。

なぜ潜水艦に拳銃なんか持って乗るのか……
銃社会。

途中でガーガー寝てしまった。

いや、つまらないからじゃなくて、すごく疲れがたまってたせいです。

で、主人公のオネーチャン、デビー・ギブソンに似てるな~なんて思ってたんですよ。
そしたら終わりのクレジットに「デボラ・ギブソン」と…。

えっ!! 本当にデビー・ギブソンだったの!?

お若い方は知らないでしょうが、デビー・ギブソンはまだ10代の頃、全米NO.1ヒットを飛ばした歌手だったのですよ。
作曲も歌も自分でこなす、才能豊かなミュージシャン。
日本でもヒットしたんです。

「エレクトリック・ユース」とか「フーリッシュ・ビート」とかね。


しかし同じ時期に、やはり10代のティファニーちゃんがデビューして、こちらもヒット連発したのでライバルとして扱われていました。
日本ではね。
アメリカではどうだったのか知らないが。

デビーは作詞作曲、歌までこなすマルチだったけど、ぶっちゃけティファニーの方が可愛かったので日本ではティファニーの方が人気あったかなぁ。


懐かしい……女優さんになってたんか~。
特徴的だった妙にデカイ目とダンゴ鼻は、今も健在だった。

ここで2回にわたって書いた、コネコちゃん。
最近、ずっと雨なのでかわゆい鳴き声は聞こえるのだけど姿は見えず。

おなか空かせて鳴いてるんかなぁ……とか、寒いのかなぁ……とか、色々心配してしまいました。

ら、今日ニュースが。

あのコネコちゃん、お向かいのガキんちょの家で飼うことになったらしい。
とっても人なつこくて、膝に乗って甘えてくるような子だったからなぁ。

雨にぬれることもなく、おなかを空かせることもなくなるのは良かった。

でも……ちょっとだけガッカリ。

だってもうナデナデも抱っこもできなくなっちゃったんだもーん!!!
もう一度ナデナデしたかったよーー!!

完全なる室内飼いをするはずなので、もう見ることもできないかなぁ。

はぁ……ちょっと残念。

でも良かった!
うんと可愛がってもらって幸せになっておくれ。

テレ東の「午後のロードショー」
いつも大変お世話になっております。

私にとっては、毎日タダで映画を見せて下さる、ありがた~い番組でございます。

ただし、スティーブン・セガールへの愛が溢れすぎているが。


今月、木曜日はサメ特集らしい。
2日は「ダブルヘッドシャーク」っつう、双頭のサメが襲ってくる映画だった。

わー、下らなさそー!!
と思って見たら、やっぱ下らなくて面白かったです。
ハハハ……
あんまりダブルヘッドである必要性はなかったようにも思うが、とりあえずインパクトはあるかもね。


これからもビーチの砂浜を泳ぐサメだとか、軍艦並にデカいサメだとか、下半身がタコのサメだとか、そらもーB級祭りだよ!ワッショイ!!
……いや、全部観たいんだよ。

今日は「ヴァンパイア・ハンター」っつうのをやっていて、観たら……アレ?これ見たことがあるやつだ。
どこで見たんだろう?
こんなの絶対レンタルで借りないし、てことはGYAO!かなぁ?

と、色々考えたんですが、GYAO!では字幕しか見ないのに、この声にも聞き覚えがあるので、どう思い出してもやはりこの「午後のロードショー」で以前見たとしか思えない。

しかもここ1年か1年半くらいの間に見たような気が……。

だとしたら、また放送するとか、やるなテレ東
なんだかんだ全部見ちゃったよ。

なにげにハンターがカッコイイんだわ。
この映画の役柄がね。


ちなみに午後のロードショーの前にやってるドラマ「キャッスル」も面白いんだよね。
女刑事さんが、すごい美人なの。

テレ東さん、これからも面白い洋画、よろしく~


今の職場は、某官公庁。
もちろん私はそこを清掃してるだけの、掃除のオバチャンであります。

そこの官公庁の担当者が、厳しい。
私から見ると、ちょっと病気じゃねえかと思うくらいに。

以前の担当者は普通で特に何事もなかったようですが、新しい担当者は、他にやることないんかーい!!ってくらい、しょっちゅ清掃チェックをしてはあれこれと難癖をつけてくる強者。

それでも不思議なことに、退社時などに会うとごく普通に挨拶もしてくれる。

だから仕事にすごく厳しくて、ONとOFFの切り替えが激しい人なんだな…と、若干ポジティブに考えるようにしてました。


だけんど、ウチらの制服にまで口を出してくるようになったのは、さすがに過干渉としか思えないんですが。

女性の場合、ズボンは自前のものを着用してますが、それを全部揃えろと言い出す。

余計なお世話だコノヤロー

よその会社の制服を変えろとか言うなんて、信じられん。

ウチらが腰パンでもしてるなら別ですが、金も出さないくせに制服新しく買えだなんて何様だおぬし!

ウチらはお前の部下じゃないぞー!
お前に雇われているわけでもない!

そしてそれにNO!と言わないウチの会社もどうかと思うが。

この分じゃそのうち、今度は靴をそろえろとか、ピアスはNGだとか言い出すんじゃなかろうか。
ピアスは外せないからねっ!!


……しかし、こうしてイジめらるほど燃えてしまう私。
ドMかもしれません……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。