昨日14日は、ディズニーシーへ行ってまいりました。
今の会社に入ってから初めて休みを取ったなぁ。

30度超えの暑さになる、など散々テレビで言われていたので日焼け止めをバッチリ塗って挑みましたが、シーは海が近いせいか風ビュービュー。
途中から曇ってきたので、寒いくらいでした。

まぁ汗ダラダラで歩き回らずにすんで良かった。

予想より混んでたなぁ。
修学旅行生が沢山いたし。

普段はネズミーリゾートなんて、ぼったくりだとか喚いてるくせに、行くとやはり魔法にかかってうんと楽しんでしまった。
また秋くらいに行きたいなぁ。


ところで我が家のオーブンレンジから煙がっ!!
トースターでパン焼いてたら臭くなり、煙が中からモワ~ンと……。

きっとカスがこびりついてたんだろう、と思ってキレイに拭いたのですが、やはりトースター機能を使ってみたら天井から煙が……。
買ってからまだ3年経っていないのに、なんてこったーーー!!

たぶん補償期間て1年くらいだよね……。
修理してもらうより、新品を買っちゃった方が安いよね……。

家電製品て当たりハズレがあるけど、3年もたずに壊れてってことはハズレだったんだな。
は~。



スポンサーサイト



数年前に映画館で予告編を見て、面白そうだと思ったけど見にいかなかった。
でもテレビでやっていたので見たら、面白かった。

一般的な評価はさほど良くなかったように思うけど、私としてはグッジョブ!!

もちろん色々つっこみたいところはありますが、深く考えずに戦艦がドンパチやってるのを見てカッコイイ~と思いましたよ。

でもちょっと突っ込ませて。

すごい金かかってる大作と思って見るから、厳しい目になってしまうのかもしれませんが、全体的に若干浅いというか半端感があるなぁ、と。
もうチョイ、主人公以外の登場人物たちを丁寧に描いた方がいいような。

テレビだとカットされてるせいかな?

このバトルシップに限らずですが、カメラワークが疲れる!
臨場感を出すため、アクションになるとカメラも一緒に揺れ、人が歩けば一緒に揺れ、なんてぇかもう眼精疲労がハンパないのよ。

もういい加減、この手法そろそろやめてくれないかな。
いちいちカメラ揺らさなくても、臨場感出す手はなんかあるだろ。

そして私が思う最大の欠点は……・。

エイリアン、弱すぎ。

ごっつ強そうなド派手UFO&戦闘服のわりに、普通に地球の武器にやられてしまうあたり。
よっわーーーー!!!


と、まぁイケてない部分をツラツラ書きましたが、それでも私は面白かった。
理屈じゃなく、見てて退屈しませんでしたよ。

浅野忠信さん、カッコ良かったよ♪



元となっているゲーム「青鬼」は、YOU TUBEの実況動画を見たことがあるのですが、地味に怖いゲームだなぁと思ってました。
謎を解きながらひたすら逃げる!
反撃は一切できない。
ただ逃げるのみ。

で、その実写化ということで。

もう予告見た時からC級のニオイがプンプンしてましたが、期待通り。
こういうホラーって、なぜかアイドルが主役なんですよね。
これもAKBの入山アンナちゃん(←漢字わからん)がヒロインですが、ファンの方には申し訳ないですが思った通りの大根ぷりでした。

セリフ棒読み。
表情ナシ。
わざとらしくずっと続く息遣い。

いや、でも全部想定内だからいいの。
だってなんだかんだ、彼女可愛いもの。

ゲームはメインだった謎解きがここではほとんどなく、単なる逃げ回るホラー映画になってました。
その代わりキャラクターにちょっとしたひねりが加えられていて、私はそれに最後まで気が付かなかったため「あ、そうだったのか」と思えたのでなかなか良かった。

1時間程度と短いので、何も期待せずに暇つぶしに見るにはいいと思いますデス。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。