先日、友人宅へお泊りに行ったのですが、天気予報がずっと雨でした。

だからずっと家にこもってDVDでも観てようか~という話になり、ホラー祭りをすることに。

10枚も借りました。

そして、ホラーはハズレが驚くほど多いのは重々承知していたのですが、今回も見事にほぼハズしました!!

その中でもまぁ観られる。マシだった。という作品をご紹介。


『モンスター・プロジェクト』



ドキュメンタリービデオを作って一儲けしようと企むデヴォンは、ネットで「自称モンスター」さん方を募集。

するとやってきたのは「女吸血鬼」「スキン・ウォーカー」「悪魔に憑りつかれている日本人女性」の三人。

満月の夜、怪しい屋敷で彼らにインタビューをするのですが、なんと全員とも本物でした。

迷路のような屋敷の中でモンスターどもに襲われながら逃げまくるPOV。

酔う!

わりと楽しめるんですけど、前半がユルイ。

登場人物たちの三角関係とか、まったくストーリーに不要な部分に時間割いててムダ。

そのうちの一人が薬物中毒な設定も、じつに不要。

もっと
モンスターがモノホンだー!!
ギャー!!
ワー!!

な辺りに力を入れて頂くと、もっと観られると思うのだな。



『ノー・イグジット』



空き巣泥棒たちが入った家は、猟奇殺人鬼の家だった……!!

ってやつです。

中からは出られず、携帯電波も繋がらず、どっかの部屋で扉の開閉も操作されてるしで、脱出できん!

しかも監禁された女の子が一人いる。

彼女も助けねば!


ホラーというより、サスペンスかな。

アジア系の男性が主役なのが珍しいですね。

でも、彼とその恋人は「監禁されてた女の子を放っておけない」とか頑張っちゃういい人で、だからこそ泥棒って設定がなんか違和感アリまくり。

これといって特筆すべき点はないですが、そこそこ楽しめるかと思います。


『死霊のはらわた』



ハイ、これは何か一つ、有名な古典作も観ておこうということでチョイス。

子供の頃観たのですが、細かいところは覚えてないので再確認。

ただ子供のときは超絶に怖かったです。グロかったです。

もちろん今観るとかなりチープで、悪霊が溶解するところなどはストップモーションアニメの要領で、生々しさは一切ございません。

でも気持ち悪いですけどね。

それでも古い作品て、やはり雰囲気だけでももう怖い。

質感に優れている現代のメイクより、まるでクレヨン塗りたくったようなコテコテのメイクの方が個人的には怖いです。

ラスト、主人公に向かって飛んでくる悪霊目線の映像は、今観てもなんか怖い。



あとYOU TUBE に動画がなかったのですが、『デス・フロア』

ゾンビだらけのオフィスのエレベーターに閉じ込められる話。

扉はちょっとだけ開いてるのですが、出ることはできず、ゾンビに襲われて逃げてる人達が入ることもできない。


これと同じシーンが「デモンズ2」にありました。

ちなみに「デモンズ2」は私にとってかなり怖かったホラー映画ですわ。


あとはハッキリ言って、悪夢のような駄作のオンパレードだった…・・。

あまりのつまらなさに最後まで観ることができず停止したり、爆睡したりしてまった作品もいくつか……。

なんとか最後まで観たものの、感想を一言も述べることなく、黙々と片づけた作品も多数。

そしてついには出演者に怒りまで感じるレベルに到達。


今、10枚何を借りたっけな~と思い返してみても、どうしてもタイトルが思い出せないものもある。

私の記憶から淘汰されたようです。

誰か、絶対にハズさないホントに怖いホラー教えて下され~。



タイ料理屋さんに行って、ランチしました。

タイトルの失敗とは、別に料理がマズかったとかではありません。

私のチョイスが失敗てこと。


ガパオご飯を食べるつもりでしたが、ハーフ&ハーフのメニューがあったのでそれにすることに。

数種類の中から好きなものをハーフサイズで2つ頼めるやつです。

で、日替わりが何なのか聞いたら「鶏肉の~~」って、あたりまでしか聞き取れなかった。

でもまぁそれでいいやと思い、ガパオと日替わりにしました。


きたのは、ほぼ同じモノ~。

どちらも挽肉を炒めたもので、なんかガパオを別皿でおかわりしたみたいになってしまいました。

美味しいんだけど……ハーフ&ハーフにした意味が……。


そしてガパオには目玉焼きが乗っかってないんだが。

メニュー写真にはちゃんと乗っかってるし、まさか乗せ忘れたんかな?と思ったけど、記憶を辿れば別のタイ飯屋さんに行ったときも目玉焼きは別だった。

トッピングとして別料金だったのを思い出し、ここもそうなのかなと納得しました。

まあでも美味しかったし、ボリュームは結構あったし、なにより店員のタイ人のおねーさんが可愛かったのでヨシ!!


もう一つ狙ってる別のタイ飯屋があるので、今度はそこに行って目玉焼きの真相に迫る。

ショッピングモールへ行ったら、ペッパー君がおりました。

ペッパー君の胸にあるタブレットを見てみると、店内案内のほかに「年齢あて」なるものが…!

これはやってみたくなるでしょう!

ってことでやってみた。

ペッパー君は「僕の手に触れて♪」みたいなことを言って両手を差し出してきたので、え、あれ、両手を握りかえせばいいのかな?と、モタモタしていたら、さっさと引っ込められてしまった。

そのあと、ガン見してくる。

ジーッとガン見……怖いよ、ペッパー…

そして「ハイ!わかりました!」と言い、「あなたは……●●歳ですね!」と高らかに仰った。

デカい声だすなぁ!!

それからタブレット画面にも表示するなぁ!!

しかも割と当たってるじゃないかぁ!!!


そう、実年齢より3つだけ若く見積もってくれたペッパー。

君はもう少し忖度というものを学んだ方がよろしい。

●●歳だと思っても、それより7~8歳若く言うのが大人というものだろう!


画面に表示された選択肢の中から「結構当たってる」とかいうような所をタッチすると

「あれ?ちょっとハズれましたか?次はもっと頑張ります」

みたいな感じのことを宣った。


もうちょっと気ィ使っておくれよ。

こっちは若い気でいるんだからよー。





デビルマンの歌がカッコイイ!!

アニメ自体は見てないけど、この歌は聴いてハマッてしまった。


オリジナルのデビルマンはもちろん馴染みがあるし(年がバレる…)歌えちゃうけど、これもカラオケで歌いたいなぁ。

オリジナルを元にしてるし、ノリがいいからからすぐ覚えられるからいいね。


肝心のアニメは、YOU TUBE でチラッと絵柄を見て驚いた。

絵は全然オリジナルと違うんだね!

ってか、永井豪さんの絵柄じゃないんだね!

なんてスタイリッシュな……!

み、見たいな……

確かオリジナルはラストが悲しかったような記憶があるんだけど、こちらはどうなんだろう。

CRYBABY なんてタイトルがついてるから、やっぱアンハッピーエンドなのかな~。


しばらくは一緒に「デビルマ~ン♪」て歌いながら作業してよう。


以前、我が家の壁にミノムシちゃんが大量発生、と書きました。

一旦いなくなったと思ったら、しばらくして再登場。

二桁のミノちゃんたちがズラリと……。

まぁ気にしてなかったんですけど、いつの間にか近所のオバァに全員成敗されておりました。

と言ってももうカラッポだったらしいので良かった。

が、風呂に入ったら天井に1匹いた。

いつのまに家の中にまで…・・。

こちらもカラッポでした。


やれやれ、ミノちゃんたちが立派に独立したわいと思っていたら、今度はテントウムシが!

やはり外壁に2匹……モゾモゾと……

脱皮しとる!!

知らなかった……

テントウムシって脱皮するんだー!?

なんか黄色っぽかったから、キイロテントウムシってやつかと思ったけどなんか違う。

なんか…なんか脱いどるやん!


てわけで翌日見てみたら、ちゃんとしたテントウムシが近くに誕生していて、脱ぎ散らかしたシワシワの皮が2枚…。

1匹しかその場にはいなかったので、もう1匹はすでに飛んでいったのかな。


とても勉強になりました。